行政書士だったら?

公開日: 

社会保険労務士の受験資格は、その他の資格を持っていることでも認められるチャンスが
ありますが……その資格の数もまた、かなり多いですね。
その中でも、これから受けるときにいちばんおすすめできるのが
行政書士の試験に受かって社会保険労務士の受験資格を手に入れる方法
でしょう。


社会保険労務士の受験資格は、まったく関係がない種類の資格でも認められています(それは、さまざまな業界の出身者に門戸が開かれていることになりますね)。

ただし、専門性が高い資格ばかりですから、簡単に合格することはまずありません。
そんな難しい資格の中でも、比較的受かるチャンスが多くて、合格後のメリットも多い
のが、行政書士です(社会保険労務士の受験資格から離れて考えても)。


行政書士の業務は、社会保険労務士の業務に比較的近い性質を持っていますし、
どちらの資格も同じように法令を中心に覚えますから、勉強中に何かと得をします。
何よりも、仕事を実際にしていく上で、社会保険労務士と行政書士の資格は、
相性がとてもいいですね。


行政書士の資格も持っているほうが、特に社会保険労務士として開業をするときに
非常に重宝します
(依頼してもらえる仕事の数が倍増するチャンスがあります!
行政書士は、社会保険労務士の受験資格のためだけに役立つのではなく、
将来的にも非常に役立つわけです)。


行政書士の資格も、その他の(社会保険労務士の受験資格として認められている)資格と同じで、
決して簡単な試験ではありません。ただし、難易度としてはむしろ手頃だといえます。
たとえば、司法試験も一部の試験まで進んでいれば、それだけで社会保険労務士の受験資格に
認められるのですが、司法試験はたとえ一部までであっても非常に高難易度
です。

司法試験合格者はほぼ全員が何年もロースクール等に通っている人たちばかりです。
社会保険労務士の受験資格を手に入れるためだけの目的で、
そんな苦労をすることは到底出来るものではありません。


行政書士は社会保険労務士と違って受験資格もありませんから誰でも受けられます。
行政書士も社会保険労務士と同じように、費用や手間暇を節約して受かる方法も
ありますから、できれば同じ勉強法で受験することがおすすめです。



○社会保険労務士の受験資格は、例年変わりなしだとはいえません。
毎年、受験要綱が発表されたら即座に確認したほうがいいでしょう。

>:社会保険労務士に合格したいなら勉強方法えらびから!

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントは停止中です。

PAGE TOP ↑