社会保険労務士の試験の日程や受験内容を確かめよう!

公開日: 

社会保険労務士の受験資格を確認して、出願をする準備が終わったら、試験がどのようにして
行われているのかをひと通り確認したほうがいいですね。

●社会保険労務士試験の申込期間
毎年4月中旬頃~5月末日

試験の申込期間はわりと長めにとられていますが、その年の試験要綱が発表されたらすぐに確認して、前年までと違う部分がないか確認するようにしてください。
受験資格についても(あまり大きな変化が起こることはめったに考えられませんが)綿密に、必ず確認しましょう。


●社会保険労務士試験の受験料
9000円(あまり変動しませんが、毎年念のため確認してください)

●社会保険労務士の試験日
毎年8月下旬の日曜日(第4日曜日くらいになることがほとんどです)

●社会保険労務士試験日の時間割
択一式試験:9時前後開始~3時間半後終了
選択式試験:14時前後開始~3時間半後終了

択一式試験は、用意された選択肢の中から質問に沿ったものを(ひとつ)選びます。
選択式試験は、用意された選択肢の中から、文章の空欄に該当するものを選びます。

●社会保険労務士試験の合格発表
毎年11月の10日前後
(受験者全員に通知が発送されるほか、オンラインでも試験のオフィシャルサイトで
発表されます。また、官報にも記載されます)

●社会保険労務士の試験科目
かなり厳密に細分化されていますから、表形式で説明します。

試験科目
択一式
選択式
労働基準法及び労働安全衛生法 10問(10点) 1問(5答で5点)
労働者災害補償保険法
(「労働保険の保険料の徴収等に関する法律」
を、択一式について3問含む)
10問(10点) 1問(5答で5点)
雇用保険法
(「労働保険の保険料の徴収等に関する法律」
を、択一式について3問含む)
10問(10点) 1問(5答で5点)
労務管理その他の労働に関する一般常識 10問(10点) 1問(5答で5点)
社会保険に関する一般常識 1問(5答で5点)
健康保険法 10問(10点) 1問(5答で5点)
厚生年金保険法 10問(10点) 1問(5答で5点)
国民年金法 10問(10点) 1問(5答で5点)
合計点数 70点 40点
※「労働者災害補償保険法」と「雇用保険法」では、「労働保険の保険料の徴収等に関する法律」が、択一式試験の問題に含まれます。
※この図は平成24年度の内容ですが、将来的に少しずつ内容が変わる可能性があります。


この表を初めて見た人にとっては、かなりたいへんそうに見えるでしょうか? 
ただし、法律の素人でも1発受験で受かる可能性は……あります。

>>社労士試験を一発で合格できる通信講座<<

>:社会保険労務士に合格したいなら勉強方法えらびから!

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事-こちらもどうぞ

  • 記事はありませんでした

コメントは停止中です。

PAGE TOP ↑